FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告に関する記事
-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の実績&見積依頼の際のお願い

セルフ研磨に関する記事
2014 03 03
2月は逃げる、3月は去ると世間では申しますが、いかがお過ごしでしょうか。

2月は、東日本で大雪が発生しまして、弊社も物流・お客様の稼働日変更による修理延期等影響を受けました。
正直数字も読めなくてどうしよう、と思いましたが幸い特急のご依頼をいただきまして、
蓋を開ければ月間16台と、これまでで言えば上々な数字をあげることが出来ました。

しかし、私どもの本年の目標は年間250台と、正直当人も知らぬ間に目標数字が上がってしまっておりますため、
月16台では到底届く数字ではございません。
今後も精進してお客様のお役に立てるよう頑張っていただきますので、何卒ご愛顧をいただければと思うのですが、
ここで一点、見積依頼をいただいた際の注意事項、というかお願いをさせていただきたいのです。

私どももここ1年で急激に案件も増え、また今迄では対応が難しかったライン内での作業等も見積もるようになりましたが、逆にそのような付帯作業・治具制作等で金額が変わるケースも出てまいりました。
私どもは極力お客様の作業状況・作業可能時間等に対応していく所存ではありますが、
お客様の情報を極力事前に頂かないと、必要経費等でどうしても通常料金には収まりきらない場合もございますため、
通常パターンでのお見積りと再見積りで価格が大幅に変わったり、
通常パターンのつもりで訪問したところ作業ができない、といったケースもございます。
そうした場合、お客様にご迷惑をおかけすることはもちろん、日程の遅延でほかのお客様にも影響が出てしまいますので、見積依頼の際、
お客様の所在地(どうしてもエンドユーザーの情報で見積段階で明かせない場合は、最悪最寄駅からどのくらいの距離でも構いません)
見積を依頼された方の名称(必須)
お客様の設備(クレーン・フォークリフトがあるか、トラックからセルフ研磨機を降ろせるか、テーブルの上にセルフ研磨機を載せられるか)
対象機械の仕様
を必ず伺った上で、見積を書面にて提出させていただくこととさせて下さい。

以上何卒ご了承のほどお願いいたします。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。