FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告に関する記事
-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月と3月の実績

セルフ研磨に関する記事
2013 03 29
バタバタして更新したつもりになったまま忘れていましたm(__)m

2月は7件、3月は13件でした。

昨年からの関西での営業がやっと実を結んだ、と思いますが、まだまだこれから4月に向けて頑張っていきたいと思います。

目指せ、年間200台!!

・・・ここで、セルフ研磨作業を通じて新たに気づいた確認事項を記載しておきます。

主軸がアンクランプ(ホルダーをクランプしていない状態)で回転するかどうか
 主軸がアンクランプの状態で回転しない機械ですと、砥石をテーパー内に入れて研磨することができませんので、当然セルフ研磨ができません。
 メーカーによってはその様な機械が存在しますし、その様な機械でもコードで解除して回転させることも可能な場合が多いのですが、稀に特殊な解除方法が必要な場合がありますので、セルフ研磨のご依頼の際、
ホルダーを付けていない状態で主軸が回転することを確認してからご一報いただければ助かります。

②2面拘束かつ、キーが浮き出し(ボルトで取り付けるタイプではなく端面と一体型)の場合
 ・オリエントの状態での浮き出しキーが、位相正面から見て90°もしくは180°の位相で止まってくれるかどうか
 ・主軸がアンクランプの状態で主軸を回さずXYを動かすことができるか
 2面拘束、キーが浮き出しの場合上記2点を満たしていない場合、端面の研磨ができない可能性が高いので、
事前に確認いただければと思います。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。